音楽に合わせて盛り上がるフレンズ-ミルキィホームズ&ブシロード10周年&スクフェス4周年記念ライブ-の感想。

4月30日は横浜アリーナで開催された「ミルキィホームズ&ブシロード10周年&スクフェス4周年記念ライブ」参加してきました。

ブシロード設立10周年の記念ライブ。めでたい!



3年前の7周年ライブほぼ同じ形式で1部はブシロードゆかりのアーティストライブ。2部はミルキィホームズライブ。
間の1.5部にスクフェス4周年コーナーで‎Aqoursのライブ。

今ガルパが勢い出てるポピパにRoselia、そして2ヶ月前に同じ会場で1stライブやった‎Aqoursが集結するライブってことで会場周辺は朝から盛り上がってました。
(7割くらいラブライバーな感じだったのは3年前と変わらず)

開場前にブシロード関連の展示コーナー見たりして10年の歴史を振り返り。



懐かしいお米展示されてました。

今一番力入れてるであろう、バンドリ関連も盛り上がってました。
ガルパ開発のCraft eggからは気合入ったフラスタとパネルが展示。



ねんどろいど

放課後ティータイムと対バンさせたい。

ポピパモデルの楽器は、ESPモデルの展示だと思ったんだけど廉価版だった。



ライブ本編は、

・Poppin’Party
1.ときめきエクスペリエンス!
2.ティアドロップス
3.STARBEAT!-ホシノコドウ-
4.キラキラだとか夢だとか -Sing Girls-

限られた曲数の中に「ティアドロップス」を組む攻めたセットリスト!
でも外音のバランスが悪かったのが残念でした。
ベースの西本さんが、見る度に演奏上手くなってて勝手に焦りを感じます。
8月の武道館が更に楽しみになった。皆も行こう。

・どうぶつビスケッツ×PPP
5.ようこそジャパリパークへ!

皆大好きけもフレ。僕らは音楽に合わせて盛り上がることができるフレンズなので、
一曲の爆発力は今のけもフレ旋風を表してました。
この界隈で様々言われてる「イェッタイガー」ってこの曲にハマってて笑ってしまった。

・三森すずこ
6.ミライスタート
7.サキワフハナ

「サキワフハナ」って何度か聴いてしっくりきて、今回生で聴けて一気に好きになった。
「夢見る!信じる!未来叶えて!」期待してたけどこなかった…

・STARMARIE
8.姫は乱気流☆御一行様
9.ナツニナレ!

予習不足でした。ステージをみると印象が変わりますね。
新曲が気に入ったのでチェックします。

・めがみめぐり
10.めがみめぐり
11.I’m サンシャインガール

尾崎さんの歌(声)って癖になる人多いんだと思う。
けっして上手くはないんですよ。でも不思議と癖になる。

・Roselia
12.BLACK SHOUT
13.魂のルフラン
14.Re:birth day

「LOUDER」ではなく「Re:birth day」を持ってくる最高な裏切り。
1部で一番盛り上がってたと思います。
また音のバランスおかしくなって、指が弦に触れるタッチ音が聞き取れるくらいベース音が大きかった。

・Raychell
15.Are you ready to Fight!

ベースボーカルって指先を凝視しちゃう。
ESPのSTREAMのフォルムってかっこいいね。




・Aqours/スクフェス4周年記念ステージ
16.恋になりたいAQUARIUM
17.届かない星だとしても
18.青空Jumping Heart

悔しいけどこの日、歓声が一番大きかった。
スクフェスコラボ曲は季節外れだから、密かに「タカラモノズ」とかカバーするのかと期待してたけどそんなことなかった。
2ヶ月前に生で観れなかった、初の生Aqoursでした。

・ミルキィホームズ/横濱行進曲
1.横濱行進曲
2.正解はひとつ!じゃない!!
3.プロローグは明日色
4.ミルキィ A GO GO
5.ミルキィアタック(ミルキィホームズシスターズ)
6.Two of Us 無敵♪(フェザーズ)
7.偉人先人 Oh, Hero!!(三森すずこ)
8.ハートフル探偵☆ネロ(徳井青空)
9.Heart Mystery(佐々木未来)
10.Gorgeous Sensitive(橘田いずみ)
11.The Operative(森嶋秀太)
12.Answer(森嶋秀太)
13.Blue Light
14.恋の調査報告書
15.みるみるUPっぷ↑↑
16.オーバードライブ
17.雨上がりのミライ

EN1.熱風海陸ブシロード
EN2.正解はひとつ!じゃない!!(ミルキィホームズ&Poppin’Party)

前アルバムの「総天然色」も良いけど、新しいアルバムの「横濱行進曲」は古き良きミルキィホームズの雰囲気がちょっとだけアップデートした感じで好きです。
ソロコーナーとかミルキィホームズだからできる、さすがブシロードな自由度高い演出は観てて安心します。
定番曲も結成7年だからこその熟練度。お家芸を楽しむのがミルキィホームズ。

今年に入って活動休止する声優ユニットが多くて色々考えたりするから、参加できるライブはこれからも自由度の高いお家芸を楽しみたいと思った。
終盤のMC聞いて「この4人はまだ走るつもりだ!」と確信して少し泣いた。

ミルキィホームズ知って7年以上…長いなぁ。
バンドリや新プロジェクトの「レヴュースタァライト」とアニメ(声優)展開を広げていくブシロードだけど、探偵歌劇もまだまだ観たいよ。



横濱行進曲 Blu-ray付き限定盤
ミルキィホームズ
ポニーキャニオン (2017-04-19)
売り上げランキング: 3,805


ミルキィホームズ&ブシロード10周年&スクフェス4周年記念ライブ in横浜アリーナ
声優たちが生バンドで演奏する、ブシロードライブの新しい風景 - 横浜アリーナ「ブシロード10周年ライブ」 | マイナビニュース
Previous
Next Post »