みんな燃えたぎった -バーニングハーツ- の感想。



2月25日はシャッフル同盟主催のイベント『バーニングハーツ』(MUSICA)にカルミア帝国(準備室)で出演しました。

経緯は省きますが、ガンダムソングバンドのシャッフル同盟は「J-POP縛りの刑」の状態でライブを主催してしまったのです。
迎え撃つは、めが☆ばすと我々。

MUSICAでこの面子でのライブとなると特別な感じがあります。別々のバンドだけど長いことアニソンバンドとして活動してるので。
長いことやってるからこそJ-POP縛りもありなんじゃないかなと思ってます。

シャッフル同盟の第一部ステージはほんとにJ-POP縛り。
ただ曲を演奏するだけじゃなくて、曲中にガンダム要素をマッシュアップするところが羨ましくて卑怯だったりします。


めが☆ばすも完全にJ-POP(?)仕様になってました。2曲カラオケ突っ込んでくるあたり、次出番の我々を殺しにかかってるんじゃないかと思ってた。
偽チャゲアスの動画見返して何度も笑ってる。本格的すぎて。

カルミア帝国(準備室)、
セットリストはこちら↓

・夢見る少女じゃいられない:相川七瀬
・Ash Like Snow:the brilliant green
・Stay alive:エミリア(cv:高橋李依)
・Hello, Again 〜昔からある場所〜:MY LITTLE LOVER
・いけないボーダーライン:ワルキューレ
・ルンがピカッと光ったら:ワルキューレ



アニソンバンドなのでアニソンを演りました。J-POP混ぜてるけど!
練習のときも新鮮で楽しかったです。
『Hello, Again』のイントロが鳴った時にぐわっとタイムスリップする感じがたまらないよね。ドンピシャな世代じゃないけど。


シャッフル同盟の第二部は、完全に元のシャッフル同盟に戻ったステージ。
DAIの任務完了発表もあったり、新たなステージに進むシャッフル同盟が楽しみです。

オリジナル曲作ったり、J-POPやったり、年数を重ねるとバンドは変化していくけど土台の『アニソンをカバーするバンド』ってのは絶対崩さないでこれからも活動をやっていきます。

今年もカルミア帝国をよろしくお願いします。
Previous
Next Post »