TKG42にゲストDJで出演したよ。


2月28日、安里G-shelterで毎月恒例のオタソンパーティ『TKG』にゲストDJとして出演しました。
よく遊びに行くTKG。思い返せば、2012年4月の北谷SALT&PEPPER時代のTKGにカルミア帝国でも出演しました。
あれから3年経ってるのですね。早いです。

 

今回は県内アイドルユニット『すずゆず』のラストステージをフィーチャーした第42回目のTKG。
17時半オープンで僕は開場DJも担当させていただきました。

18時のすずゆずさんのステージに繋げるので、「ふたりハピネス」「ふたりはトモダチ」「永遠フレンズ」、RO-KYU-BU!のアルバム「Dear friends」の中から選曲してあとはノリで曲かけてました。後半辺りテンポ上がって収集つかなくなったのはナイショ。

はじめてすずゆずさんのステージを見たのですが個人的な感想は、シャキシャキしたステージ運び。
これは見てても長い時間を感じさせないステージ構成がとてもスマートでした。
スマートでも各ソロコーナーあったりで内容は充実。
僕含めてバンドマンもぜひ見習ってほしいステージでした。

落ち着いてたと思ってた沖縄ロコドル界隈に凄いユニットが隠れていたとは。
今後はすずさんは上京して活動予定とのことなので、活躍を注目していきたいです。

 



TKGレギュラーDJのMiquniさん、板金BOYZ(KOMAさん、Tujiiさん)に混じってDJプレイをするのはさすがに緊張隠せない感じでした。
安里スクールアイドルまつりと二次元アイドルまつりでDJは経験済みですが、なんせTKG。

バンドのステージなんて新宿ロフトやナムラホール、いろんな場所で数え切れないくらいこなしてますが、今回一人で立つのは妙に重圧感がありました。


でも最初の3分くらいだけでしたが。
結果は「ちゃんと音が鳴ってこっちが楽しくなれば問題ない!」まあいつもの調子ですよね。

去年からちょこちょこDJを練習してましたが、今回のイベントで一皮むけた(と思っている)のでこれからは少しずつDJ面も出していこうと思います。

しかし、まだまだ精進は必要。バンド的に例えると、初ステージを終えたばかり。
ここからが重要。満足するかしないか。

当然、まだまだ満足はしてないのでアニソンだけじゃないとこにも欲は出していこうと思うよ。


イベントに参加してくれた皆様、お疲れ様でした!ありがとうございました!


ここまでのきっかけ作ってくれた黒澤さんには感謝の気持ちでいっぱいです。


またステージに立つので、近いうちにどこかで会いましょう。


Previous
Next Post »